So-net無料ブログ作成
検索選択

御挨拶に代えて [北海道旅行]

初めまして、「北海道大好き人間」です。
このブログを始めるにあたり、HNに相応しいテーマを長いこと考えていました。
そして、今回「さっぽろ雪まつりの『雪像解体』」というテーマでブログデビューしたいと思います。

実は私、以前にもさっぽろ雪まつりへ行ったことがあります。最初は1989年の第40回ですが、この時は今年と同じ暖冬で雪像の化粧雪が軒並み溶けてしまった上に、昭和天皇崩御の直後だったので派手なイベントとかはなかったです。
次が2003年の第54回ですが、こちらも暖冬でした。
さて、今回紹介したいのは、公式サイトにもあるのですが、HTB(北海道テレビ)制作の「浜松城」です。
下の画像は、最終日の夜に撮影しました。

そして、雪まつりも終わった12日の朝。
照明器具等も撤去され、解体を待つばかりの浜松城です。

よく見ますと、雪像の前に重機のキャタピラーの跡がありますね。

そして、午前8時30分、作業に携わった自衛隊員が集合し、「解体式」が行われました。
まず、隊長さん(責任者)が徳川家康公の雪像に登って、雪で目を塞ぎます。

その後、天守閣の頂上や石垣に向かって、お清めのお酒を振りかけます。

そして、誰もが息をのむ中(写真はありませんが、この雪像の反対側にはスノーボードのゲレンデがあり、そこをツアー客=見学者向けに開放しているのです)、重機がステージの一部を壊して上に上がり、天守閣にバケットの爪を入れて、解体が始まります。


それから15分くらい解体した後、一旦作業を中断し、安全確保のために一般の観客や報道関係者等は外へ出されます。
多くのツアー客は、そのままバスに乗り込んで次の目的地へ向かいますが、私は個人で来ていたので粘り強く待ちました。
30分ほどして作業が再開され、先程目を塞がれた家康公の雪像が一気に解体されます。


その後、解体はみるみるうちに進み、ただの雪山になった後ろには、覆いで保護されていたイサム・ノグチの「ブラック・スライドマントラ」が顔を出しました。


雪まつりの期間中、この雪像の脇では、制作者であるHTBが撮影した雪像制作の様子が放映されていましたが、それを見ると、本当に細かいパーツまで精密に作られているので壊すのが惜しくなります。
これを希望者にDVDの形で販売すればいいのにと思いながら、10丁目の雪像解体を見に行きました。
こちらは、8丁目と違って見学スペースが確保されていないので、ブログに出来る様な写真が撮れませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
こちらの方が、大通公園にある雪像の中で最も大きいので、制作者には是非とも見学スペースを設置して欲しいと思います。

さて、この「雪像解体見物」ですが、本州(東京)発のツアーが組まれる様になったのもつい最近のことです。
時期的には、旭川市にある旭山動物園の人気が高まってから(主に今世紀に入ってから)です。雪像解体を見たら、その足で旭川へ行くツアーか、反対に雪まつり最終日に旭川から札幌へ来て泊まり、翌朝の雪像解体を見てから小樽等へ行くツアーもあります。このツアーには、他に紋別(ガリンコ号)か網走(おーろら号)へ流氷見物に行くことが多いです。

その「旭山動物園」と「流氷」は、昨年のこの時期に釧路の「丹頂鶴」と共に行っています。
それは後日書き込みたいと思います。


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 12

moonrabbit

ご訪問ありがとうございました。
北海道はまだまだ寒い日が続きそうですが、
それでも着実に春は近づいていることでしょうね。
雪祭りは解体後の雪をどこに持って行くのかとか
いろいろ知らないことばかりですが、
毎年がんばって作っているニュースを見て
むか~~~~しに行った時のことを思い出しています。(^^
by moonrabbit (2009-02-14 21:54) 

北海道大好き人間

>moonrabbitさん
nice!とコメント有難うございます。
解体された雪像(というか「雪の山」)は、整地して立入禁止のロープを張った上で3月になるまであのまま放置されます。
と言いますのも、特に郊外で表通りから一歩奥に入ると、あちこちでダンプカーやブルドーザーが出動して除雪作業をしていまして、それらの雪を郊外へ捨てるのが優先されるみたいです(モエレ沼公園で見たことがあります)。

ただ、大通の雪の山も、子供が遊んでいて事故でも起こしはしないだろうかと思うことはあります(そり遊びには十分な高さです)。
この辺は、モッズパンツさんの方が地元なのでより詳しいと思います。
by 北海道大好き人間 (2009-02-14 22:10) 

モッズパンツ

北海道大好き人間キタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!

  ┃   ┃━┓                         ┃┃┃
┗┓━ ┃━┓ ┗━━━━━(゚∀゚)━━━━  ┃┃┃
┗┓━ ┗  ┃                         ┗┗┗
  ┗       ┃                    ┗┗┗

バンザーイ バンザーイ バンザーイ バンザーイ バンザーイ

\(゚∀゚)/ \(゚∀゚)/ \(゚∀゚)/ \(゚∀゚)/ \(゚∀゚)/

       祝ブログ開設!ワッショイ!!
    \\ おめでとう!ワッショイ!!    //
+   + \\おにぎり!ワッショイ!!//+
   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩ ( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)

ブログ開設おめでとうございます。
とうとう来ましたねー。この日が来るのを待っておりました~w (^ω^)

雪像解体は平日ですので、じっくり見たことがありません。やっぱり面白そうですね。いつか時間を作って見てみたいと思います。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-02-14 22:15) 

北海道大好き人間

>モッズパンツさん
nice!有難うございます。
今日始めたばかりなので戸惑うことばかりですが、いろいろと書き込みたいと思います。
今後も宜しく御願いいたします。
by 北海道大好き人間 (2009-02-14 22:16) 

北海道大好き人間

>モッズパンツさん再び
入れ違いになりましたが、御祝いAA有難うございます。
そう、雪像解体は必ず平日に行われるんですよね。来年の日程も既に発表されていて、雪像解体は今年と同じ2月12日の金曜日です。
再来年以降は2月11日が週末に重なるので、おそらく解体は週明け(連休明け)になると予想されます。

この他にも、開幕前夜に札幌へ泊まるツアーもありますが、実行委員会も旅行会社に「プレ雪まつり(足場の撤去)」と「ポスト雪まつり(雪像解体)」をPRしてもいいかなと思ったりします。
by 北海道大好き人間 (2009-02-14 22:25) 

モッズパンツ

こちらこそヨロシクお願い致します。
プロフィールの方でアイコン画像見てきました。w (´∀`)ノ 

(^ー^)ノシ

by モッズパンツ (2009-02-14 23:08) 

旅爺さん

ご訪問ありがとうございまし~た!”。
雪像は毎年見事な出来栄えですが、解体ショーのツアーまであるんですよね。見たいものです。

by 旅爺さん (2009-02-15 13:48) 

北海道大好き人間

>旅爺さん
nice!とコメント有難うございます。
雪像解体は、雪像の目を雪で塞いだりすることから「儀式」みたいな色合いが強く、「ショー」みたいな見せ物ではないと思います。

この雪像解体ツアーは、年末になると、うちの両親が他のツアーで利用したことがある「クラブツーリズム」から発売されるみたいです(冊子の冒頭に雪まつり関連のツアーが掲載されています)。
テレビ塔の足元に、このツアーの専用ブースが設置されていました。
他の旅行会社から発売されているかどうかまでは分かりません。
出来れば、一度行ってその目で見てください。
by 北海道大好き人間 (2009-02-15 18:10) 

旅爺さん

クラブツーリズムからは月刊誌が毎月送られてくるので解体ショーツアーも分ります。阪急トラピックスでも解体ツアーやってますよ。
いよいよ旅の季節ですね。
by 旅爺さん (2009-02-17 13:08) 

北海道大好き人間

>旅爺さん
コメント有難うございます。

>いよいよ旅の季節ですね。
私はそうではないのですが、花粉症の人にとっては辛いでしょうね。
北海道は、四季折々の「表情」が違いますので、出来ることならばそれぞれの季節毎に旅行するか、若しくは北海道へ移り住みたいですね。
私も秋から春にかけての半年間北海道にいましたが、殆どが牧場の手伝いだったので、「四季」を感じたことはありません(苦笑)。

雪像解体見物ツアーも、もっとメジャーになっていくといいですね。
by 北海道大好き人間 (2009-02-17 13:48) 

北海道大好き人間

>orangeさん
nice!どうも有難うございます。
by 北海道大好き人間 (2010-06-25 19:53) 

北海道大好き人間

>アルマさん
nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2012-05-20 12:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る