So-net無料ブログ作成
検索選択

よいお年をお迎えください。 [年末年始]

2月にブログデビューして初めてのお正月を迎えるわけですが、この記事が本年の「ブログ納め」になります。

7月に書いた「この時期の楽しみ」で写真を貼った南天が見事に赤くなりました。

因みに、7月はこんな感じでした。ウチにも南天が植えてあるのですが、毎年ホントに2,3個程度しか実がつきません。何故でしょうね??

さて、私の地元は、1990年代から、雑誌の影響からか、全国から「初日の出暴走」をするための改造車両が大挙してやって来ました。
そのため、山梨、静岡、神奈川の各県警&警視庁が協力して、富士五湖地方へ通じる中央自動車道や国道20号線・138号線・139号線で大がかりな検問を行う様になりました。
その効果もあって、一時期よりはグンと騒ぎは減りましたが、だからと言って手をゆるめているわけではありません。富士急ハイランドの前を通る国道139号線では、期間を区切って駐停車禁止の規制が敷かれ、道路には仮設の中央分離帯が設置されます。

 

個人的な意見ですが、この道路、4車線で車が飛ばすのに、それをムリに横切ろうとして轢かれる事故が後を絶ちません。この際、コンクリート+フェンスの中央分離帯を設置してもいいのでは?と思います。
いくら規制を厳しくしても、来る方も考えていまして、部品を分解して運んでこちらで組み立てるとか、取締り前にこちらへ乗り込むとかしていました。

そんな年末年始ですが、今年は景気の影響もさることながら、曜日並びが最悪なので、今現在も予約に空きがあります。おそらく満館にはならないと思います。

GWやお盆も含めて、帰省や旅行をする人は、休みの最終日は自宅で過ごして移動の疲れを取り、最終日の前日にはUターンするパターンが定着しています。
2009~2010年の場合、28日が御用納めで29日は自宅の大掃除や帰省の準備、30日から元日に帰省しても、2日にはもう帰ってしまうのです。
これは、私がこの仕事を始めてから過去に2度(1992~1993年と1998~1999年)ありますが、いずれも同じです。私はこれを「金曜元日の悲劇」と呼んでいます。
逆に、元日が水曜日の場合(1991~1992年と1996~1997年)、正月三が日(今の若い人はこれが何時のことだか知らない人もいるのだとか)に続けて4日と5日が土日なので、客足はそれなりに好調でした。特に前者の場合、ウチは1ヶ月前に全国版の旅行雑誌に広告を出したことと、折からのバブル景気が重なったので、来るお客さんは殆どが特別食でして、正月休みが終わったら、真新しい諭吉殿が100人以上いたことがあります。今後も「水曜元日」の年は巡ってきますが(直近では2013~2014年)、この年みたいなことはもはや起こらないでしょうね。
因みに「水曜元日」の翌年は、普通ならば「木曜元日」になるのですが、28年に一度「水曜元日→金曜元日」になることがあります。1992~1993年がまさにそれでして(次にこのパターンになるのは2020~2021年です)、この時は、今年ほど悪くはなかったものの、売上は前年の半分くらいに減りました。1998~1999年はホントに悲惨でした。
年末年始に仕事がある観光業界の人は、前年のデータを元に仕入れ等を行ったりするのですが、重視するのは、曜日並び>>>景気です。


私がかつて勤めていた外食産業は、大晦日は早じまい(概ね午後7時頃)、元日のみ全店休業で、2日からは早じまいもなく、通常営業(午後9時半ラストオーダー、10時閉店)でした。
ところがこれでは、元日の夜になると「ああ、明日からまた仕事かあ」と、非常に憂鬱な気分になり、休んだ気がしません。特に地方から上京している人は、正月に帰省することも出来ません。
フォローのために書いておきますと、大晦日と2,3日の分は振替代休を交代で取りますし、2,3日は日当1万円が現金支給されました。
ですが、今や元日から営業が当たり前になったので、大晦日までの惰性で敢えて元日も営業し、その代わりその日は全員休日出勤扱い(正社員もパート・アルバイトも)にし、代休も1日増やした方が時代に即しているのでは?と思ったりしました。
私の話は20年くらい前のことですので、今はどうなのだろうかと思い、先日サイトを調べましたら、都内のビルに入居している「テナント型店舗」を除いて、郊外の幹線道路沿いに独立して建っている店舗では元日も営業しています(一部の店舗では早じまい)。
勿論「元日くらいは休ませて欲しい」という意見も承知しています。
私の年末年始の予定です。
大晦日は、紅白も裏番組も一切見ません(ラジオも、普段はNHK第一放送を聞いているのですが、今日はそれも聞きません)。と言いますか、この時点でそんな時間もありません。
毎年楽しみにしている人や制作者には申し訳ないのですが、どの番組を見ても全然面白くないですから。来年は元日の未明に部分月食があるので、それを見るべく寝ようと思ったのですが、どうやら徹夜になりそうです。
ただし、午後11時45分からのNHK「ゆく年くる年」だけは必ず見ます。これを見ないと新年を迎えた気がしません。
それが終わって新年最初のニュースを見てから、毎日行っている北口本宮冨士浅間神社へ初詣に行きます。おそらく不景気で出掛けない人が多いので、例年は参拝できるまでに1時間くらい並ぶのですが、来年は1時間半~2時間かかると見ています。
それから帰って来る時間には、部分月食が始まっているでしょう。晴れた場合はそれを見ます。その後午前5時には、(天気に拘わらず)納める饅頭100個の仕込みと元旦のおせち料理に取りかかります。
大晦日に泊まるお客さんもいますが、この不景気では素泊まりが多いです。今のところ、元日の予約も少数です。

2日と3日は、箱根駅伝を見る予定でいますが、3日には唯一の団体客があるので、その仕込みをしながらということになりそうです。注目は、やはり「5区」の山登りでしょう。
4日は、その団体客が帰るのでほぼ全館の掃除をします。
5日は、愛車・XJR1300を引っ張り出して初詣へ行く予定です(これもお天気次第)。

m(_ _)m 今年1年(実際にはまだ1年経っていませんが)、私の拙い記事にお付き合いいただきまして、誠に有難うございました。来たる2010年も何卒よろしくお願い申し上げます。それでは皆様、よいお年をお迎えください。 m(_ _)m

この最終仕上げの段階で今年も残り一時間半を切りますので、ここではnice!のみ受け付けます。コメントは次の記事に於いて受け付けます。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る