So-net無料ブログ作成
検索選択

2012年 冬の北海道旅行 その6 [北海道旅行]

こんにちは「北海道大好き人間」です。

1年前から更新が途絶えたまま、もう3年以上前のことになってしまった2012年12月の北海道旅行の続きを書きます。

啄木小公園からバスで函館駅へ戻ってきました。駅前には、東京・日本橋と同じ様に、函館市の道里元標があります。


この旅行では昼食・夕食共にラーメン+ご飯ものにすることにしました(札幌市内の旅行でも、札幌市内に泊まる日の夕食の殆どがそうです)。
事前にグルメガイドとかを調べてもいいのですが、駅から徒歩圏内のお店を「行き当たりばったり」で行くことにしました(ただし、定休日や臨時休業のリスクもあります)。
この日の昼食を食べたのは「マメさん」です。現在は別の場所に移転していますので、写真は移転する前の店舗です(Picasaにおける位置情報も同じ)。
食べたのは、函館ラーメンの代名詞的メニューである「塩ラーメン」と、同じく函館名物の「いかめし」です。

ここから函館山方面に進みますと、2011年の北海道ツーリングでも行った「日本最古のコンクリート電柱(別名『夫婦電柱』)」があります。2011年とは違い、夫婦電柱が1枚の写真に収まる様に交差点の対角線側から撮影しています。

────────────────────────────────────────────────────────
前日(前夜)と同じく、今度は「昼間の函館山」へ行くことにしました。夜の函館山は、初めて北海道へ上陸した1977年の家族旅行と今回の2回ありますが、昼間は初めてです。
因みに、札幌の藻岩山は3回とも昼間(1981年の家族旅行・2005年の単独旅行・2012年のロープウェイリニューアル後の単独旅行)で、夜には行ったことがありません。

函館山ロープウェイのゴンドラです。
ここを訪れる時間帯にもよりますが、ツアー客であれば、大半は昼間か夜かのいずれかだと思いますが、1回の旅行で両方とも登った人はそんなにいないと思います。

昼間の函館市街です。TVや写真でしか見たことがないので、なぜか妙に感動しました。

函館山頂から見た函館空港です。

ここにはテレビ局やFMラジオ局の送信所(アンテナ)があります。風は吹き付けて寒かったので、NHK(手前)とHBC&TVh(奥・共同利用)の送信所しか撮影していません。

その風の強さを象徴するかの様に、上磯方面では雪が降っている様子がわかります。

青函連絡船「摩周丸」とJR函館駅です。

「はこだてクリスマスファンタジー」のメインツリーです。

聖ハリストス正教会(中央)とカトリック元町教会(奥・赤い屋根)と函館聖ヨハネ教会(右手前)と浄土真宗大谷派函館別院(右奥)です。

函館港を出港し、青森港へ向かう上りの津軽海峡フェリーです。

津軽海峡フェリー函館ターミナルです。奥に停泊してるのは、ナッチャンWorld(現在は防衛省が借り上げ中)です。

中間点付近ですれ違う上りと下りのゴンドラです。

緑の島です。

────────────────────────────────────────────────────────
函館山を下ってきました。
山頂から撮影した教会の写真です。まずは函館聖ヨハネ教会です。真上から見ますと、十字架の形をしています。

その西側にある坂道には「チャチャ登り」という別名がつけられています。意味としては、「お爺さん(アイヌ語)の様に腰を曲げないと上れない様な急な坂」だそうです。

そのチャチャ登りから撮影した重要文化財・函館聖ハリストス正教会です。

チャチャ登りを下り、正面玄関から聖ハリストス正教会を撮影しました。

西側からも撮影しました。ガイドブックに出てくる写真は、この辺から狙ったものが多いのではないでしょうか?

ここからもう少し西に行ったところには、同じく重要文化財に指定されている「旧函館区公会堂」があります。帰ってきてからその存在に気づいたので、この次に函館へ行くことがあれば、それも含めてこの元町界隈をじっくり見て回りたいと思います。
カトリック元町教会です。白い軽自動車が止まっていますが、葬儀社が片付けを行っているところです。

====================================
前夜、点灯式で賑わったクリスマスツリーの昼間の様子です。

ここから函館駅へ戻る途中、いかにも北海道(寒冷地)らしい建設現場の様子を見ることができました。それがこの「ロードヒーティング」です。この上に生コンを打設するのですが、冬場には白い管にお湯が流され、その熱でコンクリートを温めて路面が凍らない様にするのです。また、これが施された場所では(配水管保護のため)大型車の乗り入れを禁止している場合があります。

さて、この旅行の時には、第46回衆議院議員選挙が行われていました。函館市が属する北海道8区には、届け出順に次の方々が立候補していました(敬称略・何期かは衆議院解散の時点に基づきます)。
逢坂 誠二 民主・前(2期)
北出 美翔 諸派・新
   (諸派=日本未来の党・後に生活の党と同名の政治団体に分裂し消滅)
前田 一男 自民・新
高橋 佳大 共産・新
函館山麓から函館駅までを歩いたのですが、途中で、この選挙に立候補していた候補者のポスターを印刷していた印刷業者の前を通りました(窓にポスターがいっぱい貼られていたので目を引くのです)。
おそらく公職選挙法の規定だと思うのですが、選挙ポスターには、「掲示責任者の住所および氏名」と「このポスターを印刷した業者の所在地と業者名」が必ず印刷されています。
印刷業者は別に立候補者の地元にある業者でなくてもよく、私が住んでいる富士吉田市(山梨県)関連の選挙でも、市外はもとより県外の業者が印刷したポスターが貼られたこともありますし、市議会議員選挙では、同じ印刷業者が複数の候補のポスターを印刷していたことがあります。
お住まいの場所で選挙が行われたら、各候補のポスターをよくご覧ください。

その結果です。
前田 一男 (自民・新) 107,937 初当選
逢坂 誠二 (民主・前)  77,402
北出 美翔 (諸派・新)  25,793
高橋 佳大 (共産・新)  15,953


この日の夕食は、函館駅の前にある「しなの」で食べました。その外観です。

食べたのは、昼と同じく「塩ラーメン」に「チャーシュー丼」です。

====================================
ここから函館駅へ向かいました。コンコースには、札幌の知事公館と同じく流雅之氏が制作した「SAKIMORI」があります。

また、片隅には、こんなものも展示されています。

その説明書きです。制作したのは松前郡福島町の人ですが、
1.車両は特産のコンブで覆われていてイカの形をしているが、今春開業する北海道新幹線の形も模している
2.千代の山・千代の富士という2人の横綱を輩出しているので、パンタグラフは雲竜型の横綱の形をしている
のが特徴です。

この日は、特急列車に乗りました。それが、この「白鳥96号」です。

この晩は、これ(津軽海峡線)に乗って津軽海峡(青函トンネル)をくぐりました。
その時に買ったのが、こちらの「青函往復きっぷ(自由席用)」です。普通に片道の自由席特急券を2回買うよりも割引になっています。
ただしこの切符、JR北海道の企画乗車券ですので、全く同じルートでも函館駅発着でしか買えませんし(本州側の青森駅・新青森駅発着では買えません)、3月には青函トンネルを通る特急・寝台特急が廃止されるので、この切符も同じ運命をたどると思います。

津軽海峡をくぐって到着したのは青森です。泊まったのは、サンルート青森です(翌朝の撮影)。茶色の建物が本館、銀色の建物が東館です。

玄関は東館にあります。

客室の様子です。私が泊まったのは本館の方です。

この日の万歩計です。啄木小公園から函館駅まで歩いていたらもっと歩数が増えていたかも知れません。

青森市内で撮影したものについては、また別に記事を書きます。
nice!(23)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 23

コメント 16

モッズパンツ

冬の函館も良いですね。写真を見ていると行きたくなります。北海道新幹線開業にともなって、海峡線を走っていた白鳥やスーパー白鳥も廃止されますので、こちらも今注目の的ですね。特に国鉄時代に生まれた485系は貴重です。できれば引退前に乗っておきたいところです。お宝切符大事に保管しておいて下さいね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2016-01-24 19:35) 

北海道大好き人間

>ビタースイート 様
nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-01-24 20:46) 

北海道大好き人間

>モッズパンツ 様
nice! とコメント、どうも有難うございます。

さっぽろ雪まつりも含めて冬の北海道へは何度か行っているのですが、一番心配なのは「自宅から羽田空港まで行けるのか(帰って来られるのか)」&「(往復共に)飛行機が飛ぶのか」です。
最も安い運賃で予約するのですが、それがこの時は60日前です(今は75日前から)。でも、その時に60日後の天気なんて予想もつきません。
ただ、冬場は空気が澄んでいるので見晴らしはいいですね。

切符は、自動改札で回収されてしまうので、乗る前に駅のベンチで撮影しておきました。
「カシオペア」や「はまなす」程ではないにしても、3月になれば「白鳥」及び「スーパー白鳥」の乗車券も購入しにくくなると思います。

by 北海道大好き人間 (2016-01-24 21:42) 

ナツパパ

今年は函館まで新幹線が伸びるので、彼の地は大賑わいでしょう。
行ってみたくもあり、混雑は避けたくもあり...いつかは新幹線で、と思います。
by ナツパパ (2016-01-25 15:35) 

アルマ

北海道が何教が多いって、そう言えば考えた事ないんですが、教会があるのが妙に意外で・・・(^_^;)
あのくびれた感じの部分、テレビではよく見ますが実際に見たら感動するんだろうな~って思いますね(^^♪
by アルマ (2016-01-25 20:39) 

北海道大好き人間

>ナツパパ 様
nice! とコメント、どうも有難うございます。

新幹線がやって来る函館はもとより、道都・札幌でも盛り上がっていると思います。
北海道新幹線については、開業する前に記事を書きたいです。

by 北海道大好き人間 (2016-01-25 20:57) 

北海道大好き人間

>アルマ 様
nice! とコメント、どうも有難うございます。

函館は、どこか異国情緒にあふれていますので、教会があっても自然に溶け込んでいます。
展望台からの景色は、TVや写真で見るのとは全然違う迫力があります。

by 北海道大好き人間 (2016-01-25 21:02) 

北海道大好き人間

>tweet_2 様
>Ujiki.oO 様
>ぼんぼちぼちぼち 様
>いっぷく 様
>ライト 様
>trending-now 様
>brightness 様
>シラネアオイ 様
>イヴママ 様
nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-01-30 18:45) 

モッズパンツ

北海道大好き人間さんのところでも恵方巻食べるよw

        ∧_∧
       ( ´∀`)____
       ( つ(;;;;;;;(@)
        | | | ̄ ̄ ̄ ̄
       (_)_)

  _         バクバクムシャムシャ
┌─┴┴─┐   ___ ∧_∧
|南南東|  (;;;;;∩(`   )
└─┬┬─┘    ̄ ̄ し    )
  ││         | ○ | 
  ││         (_)_)


  ∧_∧
 ( ´∀`)マメマーキするよ
 ( つ[二С)
 | | |
 (__)_)


 。゚
   \     ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ((  ∩(´∀` )  <  鬼はソトォ~~
        ゝ l工l⊂ )    \__________
         ( (  (
         (_(__)
                    。
                  ゚ 。
        ∧_∧    /
       ( ´∀`)∩  ))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ( つl工l ノ    <  福はウチィ~~
        )  ) )      \__________
       (__)_)

by モッズパンツ (2016-02-03 19:17) 

あゆさこ

函館、行ってみたいですねぇ~。
三月からは、新幹線で行けるようになりますね!
by あゆさこ (2016-02-04 20:17) 

北海道大好き人間

>モッズパンツ 様
毎年恒例のAA、有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-02-14 15:34) 

北海道大好き人間

>あゆさこ 様
nice! とコメント、どうも有難うございます。

函館は、異国情緒があふれていますし、コメントの中でも触れている北海道新幹線が3月26日に開業しますので、是非とも足を運んでください。

by 北海道大好き人間 (2016-02-14 15:35) 

北海道大好き人間

>hrd 様
>足立sunny 様
>kurichann 様
>ネオ・アッキー 様
>ぽんちゃん 様
>s-pengin 様
nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-02-14 15:38) 

北海道大好き人間

>でんさん 様
nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-02-21 20:49) 

北海道大好き人間

>rapisu2105 様
初めまして、nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-02-21 20:53) 

北海道大好き人間

>きりたんぽ 様
nice! どうも有難うございます。

by 北海道大好き人間 (2016-03-11 22:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る